Hi*Rose のBlog*

with my harmony...

About me

スポンサーサイト

Posted by mypage on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況レポート

Posted by mypage on   13 comments   0 trackback

しばらく沈黙が続いておりますが、
近いうちに演奏活動、再開します。
ポロロッカも健在です。
相方のじょんが色々と考えてくれているみたいで、
・・・有難う。


アイルランド帰国からまだ三カ月ですが、
すでに半年、それ以上経った気分です。
歳をとったのでしょうか。
重要な学校行事が立て続けにありました。


ここで、一つ夢を語ります。

*訂正↓


Sean-nos Milwaukee
ミルウォーキーは、アメリカ合衆国ウィスコンシン州、
ミシガン湖の西側に位置していて、シカゴに近い。
ここでシャン・ノースのフェスティバルが行われている(×)⇒いた(○)模様。

現在は新たに
Sean-nos Northwestという名前で
開催されています。
場所はEvergreen state college
in ワシントン州オリンピア。
ミルウォーキーのフェスティバルをさらにパワーアップさせた形で行われているとのことです。



>Michealさん、有難うございます!




とにかく、いつか、アイルランドからさらに西のアメリカ大陸へ向かうでしょう。

移民として渡ったアイルランド語話者のコミュニティ―を訪ねて。
面白い音楽の発見を求めて。

ここでのキーワードは“identity”



・・・ということは、
地球を一周するということですかね。
夢らしい夢ですね・・・とほほ


その前に学ぶべきことがきっと沢山沢山、、、あります。


Comment

ぐるーちょ says... ""
すてきな夢!
2011.02.10 20:08 | URL | #- [edit]
ayu says... ""
さやかさんらしい、素敵な夢ですね◎
2011.02.10 22:11 | URL | #- [edit]
Micheal says... ""
来週末、米国ワシントン州でシャン・ノース・ノースウェストがあります。現存する最高のシャン・ノースの二人、シーリア・ニアールタ(singer)、エマ・オサリヴァン(dancer)がワークショップ講師陣に入ってます。

Sean-nós Northwest
19-20 February 2011
Evergreen State College, 2700 Evergreen Parkway NW, Olympia, Washington 98505
http://www.seannos.org/

まだ申込みは間に合うと思いますよ。たぶん(^^)
2011.02.11 00:29 | URL | #v6kgq4Qc [edit]
sayaka says... ""
>超ぐるーちょ

留学後のぐるーちょが楽しみですわたし☆

>ayu

Thank you very much!
“わたしらしい”か・・・。
今後アメリカに一緒に行きますか?笑

>Michealさん
Sean-nos Milwaukeeは以前お見せしたGalway大学の論文の著者Brianさんが開催されたそうですね。彼の論文にも取り上げられていました。
これは、Sean-nos Northwestの前身ですか?
Sean-nos NorthwestはSeanさんの大学を中心として開催されていますね。




2011.02.11 02:54 | URL | #- [edit]
Micheal says... ""
その Brian さんからミルウォーキーのことについて FB で連絡がありましたので、そちらでメッセージ差上げます。ノースウェストのほうは今年が第4回とのことでショーンさん大忙しと思います。
2011.02.11 10:21 | URL | #v6kgq4Qc [edit]
sayaka says... ""
有難うございます。
Brianさんのバンド、かっこいいです(笑)
開催は来週ですか、、、
毎年この時期だということは把握しておきます。


2011.02.12 01:52 | URL | #- [edit]
Micheal says... ""
北米でもう少し先のものでは7月のカナダもあります。今年が第1回と思います。

Oireachtas Cheanada
1 - 3 July 2011
Erinsville, Tamworth
http://www.antoireachtas.ie/news2.php?ID=27
http://www.anghaeltacht.ca/

オンタリオ州なので、シカゴから湖の対岸になります。上記の場所にゲールタハトが最近設置されたそうです。この大会(エラハタス・ハナダ)でのシャン・ノースの勝者は秋のキラーニーのエラハタスに参加するとの事。
2011.02.12 14:03 | URL | #v6kgq4Qc [edit]
sayaka says... ""
ますます北米にアンテナが傾いています、、、気のせいかな。笑

グローバルな視点からシャン・ノースを捉えるのも面白いけど、でも、足元もしっかり見なきゃと思っています。アイルランド本土に根付いている歌唱もまだまだわかっていないと思うんです、、、


とにかくカナダのエラハタス、今年が第一回とは、
恐れ入りました。
楽しみですね~!!!!!!!!!






2011.02.12 20:50 | URL | #- [edit]
ayu says... ""
え、行きたいです(笑)アメリカは雅楽盛んですからね。またお話きかせてください。
2011.02.13 11:58 | URL | #- [edit]
sayaka says... ""
そうですか。
今経済界を中心にアジアが注目
され、それとはいわば逆向きですが(笑)
話しなら山ほどありますよー(^-^)/

2011.02.13 19:50 | URL | #- [edit]
soshi says... ""
是非また3人の演奏が聴きたいな。。。
その時は絶対教えてね!
アイリッシュもアメリカのカントリーミュージックも好きv
2011.02.17 01:29 | URL | #- [edit]
Micheal says... ""
Beidh mé ann ag Oireachtas Cheanada, lcd!!!!!!!!!!

開設されたのは2007年6月16日、つまりBloomsdayです。
(ジョイスの『ユリシーズ』の出来事が起こったとされる1904年6月16日にちなみます。)
その1週間後に近くのトロントにIreland Parkも開設されたとのこと。その公園には、19世紀半ばの大飢饉の犠牲者を追悼し、その後のカナダへの大量移民を記念する彫刻があるそうです。

この北米最初のゲールタハトの模様を撮影した、開設日と思われる日の動画がありました。
http://www.anghaeltacht.ca/GAELTACHT/gaeltacht_vidandpod.htm
→ このページの
Courtesy of Allyson Reid Bowering: Gaeltacht Opening
というリンクです。これを見るとアイルランドのゲールタハトとは違い、明るい太陽の下、
野原に集う人々がまず映ります。音楽やセットダンスに興じる人々の姿は、
世界中のアイリッシュ・コミュニティーやアイルランド好きの集まる催しに
似ている感じがします。

今年2011年のエラハタスがどんなものに
なるか、楽しみです。(^^)
2011.02.17 02:21 | URL | #v6kgq4Qc [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.10.06 18:53 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://appletun.blog111.fc2.com/tb.php/204-b49dc385
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。